介護脱毛とは?NHKでも話題!メリット・デメリットや料金の目安を解説

最近、耳にすることも多くなってきた「介護脱毛」という言葉。脱毛というと主にオシャレのために行う行為ですが、最近はその脱毛が介護の世界に進出しています。

「なぜ介護に?」と不思議に思う人も多いでしょう。これには深い事情があるのです。

介護には、「介護をする側」「介護をされる側」双方には傍からは分からない負担が強いられます。

1回や2回のその場限り負担であればいいのですが、いつまで続くか分からない負担。その負担を介護脱毛で解消することができるといいます。

さて、どのようなものなのかご紹介しましょう。

介護脱毛とは?

介護脱毛とは、介護を受ける側が事前にアンダーヘアを処理する行為のことをいいます。

あくまでもエチケット。必須事項ではありません。ちなみに、自ら処理しておくことなので、「施設側がしてくれるもの」でもありません。

ただ、アンダーヘアがあることで介護をする際に下記のような問題が起きる可能性が高まります。

  • アンダーが長いと排泄時に不衛生
  • その他様々な肌トラブル

昨今、これら問題を回避するためにアンダーヘアの脱毛の必要性が叫ばれています。

半数以上の人が悩んでいる!介護時のムダ毛トラブル

「介護の際にアンダーヘアの処理?わざわざする必要ある?」なんて、疑問に思う方もきっといらっしゃいますよね。これが、意外とあるんです。

介護時に起こるムダ毛の問題が!ただデリケートな問題ゆえにあまり声が上がっていないのが現状です。

さて、どのような問題があるのかいくつかあげてみましょう。

  • 汚物が拭き取り切れず不衛生な状況が続く(匂い・肌トラブルの原因に)
  • 陰毛に絡みつくため意外ときれいに拭き取ることが難しい
  • しっかり拭き取ろうとすればするほど力が入り肌にダメージを与えることになる
  • ダメージを受けることによる肌への痒み
  • 痛みの発症・状況によってシラミなどの発生の原因にも

このような状況を作らないためにも介護脱毛が必要といわれています。特に寝たきりになりオムツ生活となると、上記のような問題が起こる可能性が高まります。

アンダーヘアの脱毛となると抵抗を感じる方も多いでしょう。でも、ときにネガティブな感情に陥りがちな介護生活を快適にするためにも、このような環境作りも必要なのです。

できるかぎり快適な介護生活を送るためにも介護を受ける本人にとっても、脱毛することで快適に過ごせます。双方にとってメリットがある行為なのです。

介護する側の負担を軽くする

介護作業というのはとても大変なものになります。赤ちゃんをお世話するのとはわけが違いますので、ときに精神的にも体力的にもきつくなることがあります。

介護作業には様々なものありますが、中でも大人相手のおむつ交換はとっても重労働。適当に手を抜けば…とも思いますが、デリケートな部分ですので、適当に処理するわけにはいきません。

それでも、ただ拭くのではなく身体を支えるという作業も伴うために体力的にきついんですよね、これが…。

ただ、ここをきちんとやらないことには、陰部の匂いが大変なことになるので注意が必要です。

入浴でしっかり洗い流すという手もありますが、介護生活で毎日入浴するというのはあまりありません。

だいたい週2~3回というところ。これでは完全にキレイにするということもできません。

赤ちゃんの場合はアンダーヘアがないからキレイに拭き取れます。でも、大人になると…。介護する側にとってはアンダーヘアが介護の邪魔になることも。

介護脱毛をしておいた方が介護する側の負担を軽減させることができます。

介護脱毛のメリット

介護脱毛にはどんなメリットがあるのでしょうか?具体的なメリットを解説していきます。

おむつ交換時の気になる臭いを減らせる

最近のおむつは通気性に優れるなど改良され良いものが販売されています。
ただ、だからといっても通常のショーツ・通常の生活スタイルとはことなります。

排泄をした後すぐに処理することは少ないおむつ生活は、陰毛があることで菌が繁殖し、匂いがきつくなる恐れが…。

そんな介護者の負担を減らすことができるのが介護脱毛なのです。

陰部の感染症や炎症を防ぐ

排泄物をキレイに拭き取ったつもりであっても残ってしまうことがあります。

アンダーヘアに絡みついてしまったり、ヘアと皮膚の間に挟まってしまったり、目に見えない箇所に残ってしまうことがあるのです。

そうなると感染症など肌トラブルの原因になることになります。
これらトラブルを引き起こさないためには介護脱毛が必要となってきます。

介護側の清拭が楽に

赤ちゃんのおむつ交換が大人に比べて楽なのは、身体の大きさや体重もありますが、アンダーヘアの無さも関係があります。

陰毛がないからこそ、絡みつくこともなく汚れをキレイに拭き取ることができるのです。
介護脱毛をしておけば、赤ちゃんと同じ状態。

介護側がキレイに楽に拭き取ることができます。

介護脱毛を受ける前の注意点は?

介護脱毛を受ける前には白髪に注意しなければいけません。いざ脱毛をしようと思っても、白髪の状態ではできない場合があります。その理由も含めて解説します。

白髪が脱毛できないワケとは

介護脱毛は、脱毛マシンのシステム上「できる場合」と「できない場合」があります。
下記のようなケースがあるので処理を受ける際の参考にしてください。

脱毛はクリニックやエステで施術してもらうことができます。
ただ、使用されている脱毛マシンはメラニン色素(黒の色素細胞)に反応して処理が行われます。

そのため、白髪になってしまったアンダーヘアは処理できないことになってしまうのです。
つまり、介護脱毛希望者は、白髪になる前(おおよそ40~50代)に施術を受けておかなくてはならなくなります。

原因は加齢?アンダーヘアの白髪

白髪になる原因は、

  • 加齢
  • 遺伝
  • ストレス

など様々なものがあります。
毛というものは元々白い状態で生えてきます。
それを黒く染めるのがメラニン色素の役目。
ただ、加齢などによりメラニン色素が作られなくとなると色を失ってしまうのです。

加齢のみが原因ではないのですが、それでも加齢とともに白髪になってしまうのは事実。
頭髪のみが白髪になるのではなく、アンダーヘアも白髪となります。

最近は、若いうちに脱毛してしまう人もいますし、脱毛マシンのメカニズムについても詳しい人が増えました。

早めに処理をしてしまう人が多い中、それでも処理を躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。

処理する部位ば部位ゆえに、なかなか一歩を踏み出せない人も多いかと思われます。
ですが、介護という将来のことを考えると若いうちの処理が必要です。

介護が必要となり、そのときに介護者に負担をかけないためにも「介護脱毛」をできるうちにしておきましょう。

介護脱毛はどこまで脱毛したらいいの?

アンダーヘアは「VIO」という3つのアルファベットに言い換えることができます。

また、アンダーヘアを脱毛する場合には、脱毛する部位ごとによってそれぞれの名称を使い分けていています。

そのためアンダーヘアを脱毛する介護脱毛の場合でも脱毛する部位ごとによって名称があり「Vライン」「Iライン」「Oライン」といったアンダーヘアの各部位によってそれぞれ名称が異なります。

Vラインは陰毛の正面からみた部位になり、アンダーヘアの中でも一番毛量が多く通気性に大きく関係する部位となります。

そして、Iラインは股下の部分になり、排尿時にはアンダーヘアに尿が付着しやすい部位となります。

最後の、Oラインはお尻の後ろ側の肛門周りの部位になり、排便後の排泄物が付着しやすい部位になります。

介護脱毛では要介護者のこれらのアンダーヘアの部位を脱毛することによって、排泄後の介護をしやすくなるといったメリットがあります。

VIO全てを脱毛する

介護脱毛する場合にはこれらの3つの部位をすべて脱毛する方法があり、完全にツルツル状態にすることで衛生的になり排泄後のケアも介護しやすくなります。

「Vライン」「Iライン」「Oライン」のそれぞれの部位を全て脱毛してしまうため、通気性が良くなり排尿後や排泄後も介護しやすく清潔感のある状態をキープすることができます。

ただ、全ての部位を一度に脱毛してしまうと今までの状態とは大きく異なるため、ストレスに感じてしまう場合もあります。

そのため、介護を受けている人が一度に全ての部位をやる場合には、細かな声掛けや脱毛後の精神的なストレスや変化などに気をつける必要があります。

IOラインは無毛状態にして、Ⅴラインだけ自然に残す

全ての部位をツルツル状態にする方法では脱毛後に違和感を感じてしまいますが、IラインやOラインだけの部位を脱毛するといったものであればそれほど違和感を感じることもありません。

排泄時には股下のIラインや肛門周りのOラインが最も排泄物が付着しやすいため、2つの部位だけを脱毛するだけでも排泄後の介護は衛生的に行うことができます。

そのため、Vラインを少しだけ脱毛して自然な形に残し、IOラインはツルツル状態にしてしまうといった脱毛方法も介護脱毛ではオススメの脱毛方法になります。

ミドル・シニア世代にとアンダーヘア脱毛はタブー?

アンダーヘアの脱毛はかなりデリケートな場所になるため、ミドル・シニア世代にとってはタブー視されてしまう傾向にあります。

タブー視されてしまう具体的な理由には、アンダーヘアの脱毛は20代や30代といった若い女性が行うものだという固定観念や、デリケートな部分を人に見られたくないといったことが挙げられます。

また、ミドル・シニア世代にはどこで脱毛していいのかが分からない人も多く、介護脱毛を推奨されても脱毛する場所や方法が分からないといったことも、奥手になってしまう理由に挙げることができます。

介護脱毛はエチケット

欧米などではVIOといったアンダーヘアの脱毛は特に珍しいことではないですが、日本ではまだまだアンダーヘアの脱毛は一般的でないところもあります。

リクルートが2018年度に日本のアンダーヘアの脱毛調査をした結果では、30代の女性は約40%の人がアンダーヘアの脱毛を経験しているという結果が出ています。

また、40代の女性でもおよそ25%の人がアンダーヘアを脱毛したことがあるというデータが出ているため、40代の日本人女性の4人に1人はアンダーヘアを脱毛していることになります。

そのため、アンダーヘアの脱毛はエチケットとして徐々に日本にも浸透してきている状態になっていて、欧米ではアンダーヘアの脱毛は清潔感だけでなくエチケットという考えも重視されています。

さらに、介護脱毛の場合にもミドル・シニア層といった世代が、徐々にアンダーヘアの脱毛をエチケットに必要なこととして捉えられているようになってきています。

それを裏付けるデータとしては先ほどと同じくリクルートの調査結果から出ていて、2013年度の50代のアンダーヘアの脱毛経験者は約7%弱しかありませんでしたが、2018年度の50代のアンダーヘアの脱毛経験者は約12%と増加傾向になっています。

日本では人に迷惑を掛けたくないという気持ちが強い人が多く、特に要介護者になるとそのような気持ちが働きやすいため、介護脱毛をエチケットとして捉える人が増えているというような状態になってきています。

介護脱毛は40代からがおすすめ

老齢のために介護を受けている方が介護脱毛をするとなると、アンダーヘアは既に白髪になっている方が多く含まれてしまいます。

そして、脱毛は脱毛器によるレーザーによって施術されていきますが、黒くなっている部分にしか脱毛レーザーが反応しないため、白髪になってしまうとスムーズな脱毛をすることができません。

そのため、実際に介護を受けるようになってからの脱毛するとなるとアンダーヘアが白髪になってしまっているため、できれば年齢が進む前に脱毛する方が脱毛もスムーズに完了することができます。

そこでアンダーヘアの脱毛にオススメな年齢層は40代といった世代になります。40代であればアンダーヘアも白髪になっている人も少なく、体の負担やストレスなども年を取っている状態で脱毛するのと比べると対応することができます。

また、早い段階でアンダーヘアを脱毛してしま、将来の介護によるエチケットや介護脱毛その物の心配を軽減することもできます。

NHKで大反響の介護脱毛

介護脱毛はNHKでも過去に取り上げられていて、要介護者と介護士の双方にとってメリットになっていきます。

また、介護脱毛の元でもあるアンダーヘアの脱毛の発症国はアメリカと言われていて、主に衛生的にすることを目的に脱毛をしていました。

また、アンダーヘアの脱毛をするのは女性の方が多く、水着を着たときにアンダーヘアがはみ出さないようにする「マナー」という考えからアメリカでは広まっていきました。

男性も介護脱毛で快適な生活を

アンダーヘアの脱毛は女性だけが行うものではなく、特に介護脱毛の場合には男性も積極的に行っていく必要があります。

男性のアンダーヘアは女性よりもしっかりとした太い毛の人が多く、男性が介護脱毛することによって介護士や家族は排泄後の介護をしやすくなります。

また、男性は女性よりも汗をかく人の割合が多く、介護を受けている男性がアンダーヘアの脱毛をすることによってデリケートゾーンの蒸れを防ぐといった効果もあります。

さらに介護脱毛をすることによって清潔感がアップし、雑菌の繁殖などを防ぐといったメリットもあります。そのため、介護脱毛といったアンダーヘアの脱毛は女性だけのものではなく、男性にも将来的に必要なものとなっていきます。

ツルツルになる脱毛はクリニック選びが大切!

デリケートゾーンの介護脱毛をするとなると、できればキレイに脱毛したいものです。そのときにデリケートゾーンを脱毛する方法には、自分でセルフ脱毛器を購入して脱毛する方法や脱毛サロンや脱毛クリニックに行くなどの方法があります。

キレイに脱毛するとなると自分で行うセルフ脱毛機ではあまり上手くできないことも起こってきます。

また、脱毛サロンではアンダーヘアの毛は他の部位よりも太いため、サロンによる光脱毛ではキレイに脱毛できない場合もあります。

そのため、介護脱毛をする場合には脱毛クリニックがオススメになり、さらにキレイに脱毛するとなるとクリニック選びが重要になります。そのときの具体的な脱毛クリニックの選び方のポイントには以下のようなものがあります。

  • 脱毛施術前のカウンセリング時に、脱毛によるリスクや肌のトラブルをはっきりと伝えてくれる
  • 医療用脱毛マシーンの特徴や脱毛効果などを細かく説明してくれる
  • カウンセリング時のテストパッチによる脱毛レーザーを丁寧に行ってくれる
  • 脱毛施術が終わった後に肌のメンテナンスをしっかりと行ってくれる

以上のようなものがキレイに脱毛してくれる脱毛クリニックを選ぶ時のポイントになり、主にカウンセリング時に丁寧に説明があるのかどうかで見極めることができます。

サイトマップ